大学受験/大学入試の面接
 表紙 学園都市パンダ村 パンダ高校 面接試験
≪目次≫まえがき進路指導大学受験特別入試AO入試志望理由面接小論文テーマ学習掲示板


大学入試の面接試験 @


 まずは、大学の面接試験の説明として、どこにでも書いてあるような話から書きたいと思います。

大学入試 面接試験面接方式

 特別選抜方式の入試やAO入試だけでなく、一般入試の学科試験の際にも行われるほど面接試験が増加しています。また、特にグループ面接の実施大学も増加しています。

 通常、面接試験は、個人面接とグループ面接と呼ばれる方式で実施されます。個人面接は、受験生1人に対し、1人、ないしは複数(2〜6人)の試験官で行われます。グループ面接は、受験生2人〜多数で行われます。


個別面接の基本

大学入試 面接試験    大学入試 面接試験

※この形で、あとは受験生()の前に机が置かれたり、試験官が増えたりするくらいです。


 個人面接はいわずもがな、面接官から質問をされ、それに対して答える方式です。それに対しグループ面接ではここに同じ質問が繰り返されたり、あるテーマについてグループで討論させたりする場合もあります。最近、このパターンが増えています。


集団面接@

大学入試 面接試験

 

※同じ質問を全員に答えさせるだけでなく、ある質問に対し挙手させて答えさせるような場合もあります。そのような場合は、積極的に挙手して答えるようにしなければなりません。

 一度も答えられずに終わってしまう悲しい受験生もいて、後で泣きながら電話をかけてきたりします。


集団面接A

大学入試 面接試験

 

※国公立に多いとか、私立に多いとか、特に言えませんが、大学によってはこのような形に座り、あるテーマに対して議論をさせるところがあります。

 始め試験監督から説明があり、その際、テーマを与えられ、『でははじめて下さい。』と言ったきり後は何も言わない、こんな感じで面接(?)が始まります。誰も何も話さなくても試験監督は何も言いません。その場を仕切ろうとする受験生がいれば、それがその受験生の『個性』ですし、たとえケンカが始まっても試験官は止めず、そのケンカをまとめようとする受験生がいたら、それが彼の『資質』です。

 要は、積極的に攻める、また、それができる普段の生活がものを言います。

 


大学入試 面接試験面接の評価

 面接の評価方法ですが、これは大学によって大きく違っています。面接試験を実施する大学を受験する受験生は、必ず先輩や学校の先生から過去の傾向について教えてもらいましょう。

 原則、次のような評価・判定パターンがあります。

 ●非常に重視し、人柄を判断する。

 ●全て点数化する。

 ●参考程度とする。

 下の2つは想像できると思いますが、最初の『人柄〜』は分かりにくいかもしれません。これは、他のページで散々書いてあるとおり、絶対評価面接試験になります。

 面接官個人が、受験生と話をした印象を段階的に評価します。A〜Eまでの5段階だったり、ABCの3段階といった具合に『分類』されるのです。『分類』の基準は『入学させたい』から『入学させたくない』といった基準で評価されます。どっかの参考書(?)に書いてあった基準を載せておきます。

 

ランク
判定基準
 優 優秀な学生である。ぜひ入学させたい。
 良 入学させたい。
 可 入学させてもよい。
 注 入学させるには問題がある。
 不 入学させたくない。

 

 E判定は他が良くても必ず不合格になるでしょう。時々、このような受験生がいて、たとえ指定校推薦でも不合格だったりします。何様のつもり?といった人格を疑うような受験生が時々いるのです。余談ですが、一般入試の学科試験には、このような受験生が大勢います。恐ろしいかぎりですね。それを弾くのが面接試験における最大の目的であることを忘れないようにしましょう。

 ただ、個人の基準などその人の好みによるところが大きいです。それで面接官が複数いるのです。面接官が2人の場合、話し合えば済むことですが、これが3人、5人のような場合、そのうちの過半数の面接官がD・E判定をつけたら、他の成績がどんなに優秀でも100%不合格になるでしょう。

 

 また、このような段階評価すら点数化し、全ての合計点数、つまり、数字で人間を評価しようという大学もあります。Aが10点、Bが7点…といった具合です。

 

 

コラム

 特別選抜入試、AO入試志望の受験生諸君!

 現役の塾・予備校講師の私の経験則からアドバイスする。
 ズバリ、この入試で決めようと思うな!

 よく、徒然草第九十二段にあるように「2の矢は用意するな、1の矢で仕留めよ 」「2本目があると、それをあてにして1本目の矢がおろそかになる」みたいな話 をする人がいるけど、確かにそれも一理ある。

 でもけど、こと受験についてはそうも行 かない!

 だから、「この入試(特別選抜入試、AO入試)で決めるぞ!」と考える のではなく、「何がなんでもこの大学に入るぞ!」という気持ちを持ってほしい。

 私の経験則から言うと、推薦入試(特別選抜入試)やAO入試で入ろうと思って いる学生ほど不合格の確率が高く、ダメなら一般入試で入るぞ!と、一般入試へ向 けても勉強している受験生ほど、推薦、AOであっさり合格して行く。これは、学力とか以前に、気迫の問題だと思う。

 だから、決して「学力じゃ無理だから推薦で」「AOなら試験がないから」と言 った気持ちは持たないようにしよう!

 「何が何でもここに入ってやる!」

 この気迫で、一般入試も目指した対策を行えば、合格はグッと近くなるぞ!!

 

 

 

 

 



 

簡単な質問でしたら、掲示板をご利用下さい。

パンダ高校掲示板

このページに戻る際はブラウザの『戻る』機能でお戻りください。


過去の書き込みでいろいろなアドバイスをしています。

 

2014年


志望理由書の書き方/はじめに前ページ


 

 

面接試験
大学入試 面接試験
 ■面接試験
面接試験解説
 ■解説@
 ■解説A
 ■解説B
面接質問集
 ■共通質問@
 ■共通質問A
 ■特殊系質問
 ■英語面接
学部別質問
 ■文系
 ■理系
広告
広告
Copyright(C) 2001-2014 by Toru Suto All rights Reserved.