大学受験
 表紙 学園都市パンダ村 パンダ高校 AO入試 本物のAO入試  
≪目次≫まえがき進路指導大学受験特別入試AO入試志望理由面接小論文テーマ学習掲示板


難関大学 本物のAO入試とは


 今の世の中は、金持ちと貧乏人との二極化が進んでいると言われています。また、学力、大学の世界でも二極化が進んでいると言われています。

 誰もが聞いたことがあるでしょう。

 しかし、その二極化した学歴の中身では三極化していると言われています。

 三極とはどのようなものでしょうか?

 

 1つ目は、普通の人たちです。

 悪い言い方をすれば、圧倒的比率を占める『何のとりえもない高学歴者』たちです。『努力努力で大学に合格した勉強以外に何のとりえもない人たち』です。

 

 2つ目は、何かの条件を持った高学歴者です。

 これは親が金持ちだったり、経済的に恵まれたりしていて受験テクニックを金で買い、卒業後の人生でも、金と親の力で比較的不自由なく生きていける人たちを指します。

 

 そして、3つ目が、勉強以外の何かを持っている高学歴者です。

 この人たちは、勉強や経済的余裕以外のものを持っている人たちです。

 最近のゴタゴタで完全に悪い代表となってしまいましたが、ライブドアのホリエモン、村上ファンドの村上世彰、楽天の三木谷社長と言った、カリスマ性情熱奇抜なアイディア等といった『個性と才能』を持った人たちを指します。

 このような人たちの比率は、高学歴者全体の2%しかいないと言われています(私はもう少しいると思いますが)。

 

AO入試で求められるもの

 

 

 そう。

 これを見て世の高学歴所有者たちは嘆きますが、これがまぎれもない現実なのです。

 

 実は、今の教育や入試制度はこの2%の『勉強以外の何かを持っている学生』たちの比率を高めるシステムに変わろうとしているのです。

 

 君たちのお父さんたちに聞けば教えてくれるでしょう。

 かつては学歴が非常に意味を持ち、一流大学卒業というだけで評価された時代でした。学校の教育でもひたすら偏差値を上げるべく、社会に出たら一生使わないような知識をひたすら詰めこまれてきました。その結果、社会の一線に蔓延ったのは『何のとりえもない人たち』でした。

 自分の部下に東大卒の若者が入って来た。

 しかし、実際に使ってみると何のとりえもないただの馬鹿。役立たず。

 仕方なしに誰でもできる仕事をやらせるしかない。

 言われたことは卒なくこなすことができるけど、自分の頭で思考して行動しようという頭がなく、他人のアイディアを評価、批判することしかできない。何かをやってやろうという気持ちはあっても口先だけ。しかも、偏差値教育によってお勉強以外のことを何も学んでこなかったから、どうしようもない常識知らず。実力の伴わないプライドしか持っていない…。

 こんなどうしようもない人間たちにうんざりさせられているのです。

 

 また、使われる側のどうしようもない人間たちも腹を立てています。高学歴を手にしながら思うように仕事を任されずに腹を立てます。

 本来の自分にあった仕事をやらされているだけなのに『何のとりえもない自分を自覚できず、腹を立てるのです。

 むかついて簡単に仕事を辞め、家に引きこもったりします。

 転職なんてできるわけありません。

 なぜなら『学歴がなければタダの馬鹿』ですから。

 

 これまでの社会は、いや、教育は、これらの人たちに『無限の可能性』だのといった綺麗ごとを吹きこみ、一流大学へ行くことが素晴らしいことと刷りこみ、『何のとりえもないまま』高学歴を与えてきました。

 しかし、できあがった現実は、前述したとおりです。

 もちろん、高学歴所有者たちにも素晴らしい人材はいます。

 しかし、高学歴を持ちながら、何のとりえもない役立たずの方が、圧倒的多数なのです。そして、こんなことは、何も高学歴所有者に限ったことではなく、学歴もない、普通の人たちでも同じです。

 つまり、

人格的なこと、能力的なことと学歴は、全く関係がない

 のです。

 

 …っつうか、常識でしょ?(笑)

 社会に出れば分かりますよ。

 

 

 …そう!

 現代では、高学歴など意味をなさない時代になろうとしているのです。

 そんな世の風潮に、新しい目標が見出せず、社会には閉塞感が漂っています。その閉塞感への反動で『東大へ行け』だの『一流大学へ行けば人生が開かれる』だの、かつての教訓から何ら学んでいない発想が復活してきています。

 確かに、出身学校名で就職できる会社が決まってしまうのも事実です。

 しかし、たとえ名のある会社に就職しても、その後の人生に保証などありません。『使えねぇ奴』と言われて部署を外された慶應卒の男が、婦女暴行で惨めな姿を世に曝したのは記憶に新しいでしょう。それに、自分が思い描いた職業に就くなんて宝くじ並みの確率で、圧倒的多数の人間は、不本意な仕事にしか就けないのです。

 また、確かに、ニートやフリーター連中と比べれば恵まれた条件で生活できるでしょう。しかし、満員電車で『運搬』されることほど私は惨めなことはないと思っていますし、人生の最も輝く時期を無駄に潰してしまうほど価値のあることだとは、とても思えません。

 

 はっきり言います。

 東大だろうが、一流大学だろうが、そんなところを卒業しても明るい未来が来る保障など全くありません!

 『何のとりえもない人間』に未来はないのです。

 これは負け惜しみでもひがみでもありません。

 

 高学歴者は研究に向いてる?

 なら、その研究で成果を出せる人って、どれくらいいるの?

 日本の一流大学のだらしなさは世界的に有名ですよね?

 

 女の子にもてる?

 正気か?

 もう少し社会勉強をしましょう。

 

 こんなこと、大人なら誰でも知っています。

 騙されるんじゃない!!

 

 どんな馬鹿でも勉強をすれば大学へ行けます。

 たとえ勉強が出来なくても、金を使って『受験のプロ』から『受験のテクニック』を買えば大学へ行けます。必死こいて東大や一流大学へ進んでも自分自身が『何のとりえもない人間』のままだったらどうしますか?

 

 本気で何かをやろうと思ったら、前述の2%の人間になるしかありません。

 前述の2%になることができれば、学歴がどうだろうが、さらには、どんな職業に就こうが、必ず成功するでしょう。どんな状況からでも逆転できる人間になれるでしょう。

 実際に、企業などが希望退職(リストラ)を打ち出すと『使える人間』から辞めて行き、『どうしようもない奴』が残ります。『使える人間』はどんなところへ行ってもやって行けるからです。

 転職市場が発達してないから?

 とんでもありません。

 『何のとりえもない馬鹿』を中途採用する企業がどこにあるのでしょうか?

 

 

 そうです!

 実は、この2%の人間を入学させようというのが推薦入試を始めとする特別選抜入試、そして、最近流行っているAO入試のポリシーなのです。これは、この2%の人間を入学させたいという大学の、いや、社会の要請に他なりません。

 お勉強からは決して学べない人間として大切なことが評価されるのです。

 

 くどいようですが、こんなことは、大人たちは嫌というほど知っています。

 学校の先生たちも知っています。

 けど教えてくれません。

 その理由の1つは、自分自身が『何のとりえもない人間』であること。

 そして、もう1つは、この2%になる方法がわからないからです。

 

 方法なんてありません。

 けど、ビビル必要はありません。

 

自分が興味を持ったことへ全力でぶつかって行く努力行動

それを支える情熱

 

唯、それだけあれば大丈夫です。

 

 情熱のおもむく先は、人それぞれ違います。

 その方法を見つけるのはあなた自身であって、それを見つけさせるのがゆとり教育の本来の姿だったのです。

 


『保証』なんてどこにもありはしない。

『約束された人生』なんてありはしない。

なぜなら、それは、

これから自分でつくっていくものだからだ!

 

 


 さて、そんなわけで、時々、自分は自分たちはすごい大学のAO入試の合格を出したんだと、宣伝している先生や予備校があります。けど、それがいかに虚しく、意味の無い話だか分かりますね?なぜなら、一般入試と違ってAO入試とは、受験生自身の頭で考え、答えを見つけ、そして、その受験生だけの『物語り』を語ることで合否が決まるからです。

この手の話題で悩んだら、進学指導のページを読んでください。参考になるかもしれません。

 

 

 

2015年


  
  

 

 

簡単な質問でしたら、掲示板をご利用下さい。

パンダ高校掲示板

このページに戻る際はブラウザの『戻る』機能でお戻りください。


過去の書き込みでいろいろなアドバイスをしています。

また、オープンキャンパス(首都圏)カレンダーをアップしてます。

 ダウンロードのページ 

 

 


AO入試の対策前ページ


 

 

特別方式入試

 ■推薦入試

 ■特別入試の種類
 ■選考方法
 ■準備
 ■オープンキャンパス
 ■対策
AO入試
 ■AO入試
 ■選考方法
 ■準備
 ■対策
 ■本物のAO入試
広 告
Copyright(C) 2001-2015 by Toru Suto All rights Reserved.